隠岐の海、境港の海  レンブラント光線  ごはん屋 漁火でカニまるごと丼

Oki


忘れられない海の想い出。

ちょうど2年前、初めて訪ねた隠岐。 山もそうですが、海でも、島でも、太陽はいつ顔を出すかわからない。 厚い雲に覆われる冬の日本海。
この日もほんの一瞬、太陽はレンブラント光線(Angel Ladder)という姿で、鉛色の海を美しく照らしました。 光を追うのなら諦めてはいけない。
夜になれば、イカ釣り船が明るく照らす隠岐の海。 あまり知られていないけれど、人口が少なくて美しいままの海に育つ蟹や牡蠣は、絶品。

離島に市場はないから、近海で上物が獲れても境港に卸さなければ商いにならない。かかる時間、かかる燃料、落ちる鮮度、買い取られる値段。
こうしたループがCAS冷凍という技術によって変わり始めたのは約4年前。 獲れたての牡蠣やイカが、そのままの味わいで都内へ直送される。
イカ釣り船に乗って獲れたてのイカも味わいましたが、CAS冷凍を解凍した岩牡蠣やイカ丼の味に驚いたこと、今も鮮明に覚えています。


OkiOki


海を渡って境港へ。鬼太郎ロードを歩きながら、タクシー会社の方からお店情報を収集し、遅いお昼は "ごはん屋 漁火(いさりび)" に決定。
漁火は、ちょっと知られた名店。 「テレビに出たと言っても食べてみないと…」と口にした、カニまるごと丼の美味しさに、一同衝撃!
このカニ丼、カニをほじり出すという作業がいっさい必要ないのです。その上、濃厚なカニ味噌のトッピング。これで1,500円だなんて…(感涙)


IsaribiIsaribiIsaribiIsaribiIsaribiIsaribi


こんなにお世話になったのだから、氏神様にもご挨拶をしなければ。 美保神社で、感謝の祈り。 ゆっくりと暮れてゆく空。
ふと振り返ると、対岸の建物が黄金色に輝いています。 帰る間際に現われた、眩いレンブラント光線(Angel Ladder)。
太陽はいつ顔を出すかわからない。 その瞬間を逃さないよう密かに準備していると、嬉しい偶然は突然訪れる。
神様の声は聞こえなかったけれど、帰る前にそう教わったような気がしました。 海を眺めながら空港へ。 今度は、春の隠岐へ渡りたい。


MihojinjaSakaiminatoSakaiminato


Data
隠岐CAS冷凍 岩牡蠣の島風便はこちら>>> 島風便
ごはん屋 漁火(いさりび)   0859-42-6039 鳥取県境港市上道町2075-4



by kamakura_mariko | 2011-11-29 23:30 | 旅風景

ABOUT

山本麻理子

生まれ育った鎌倉の風景

京都の格式にかなわず、
奈良の歴史に及ばない。
けれど
和洋折衷神さま仏さま、
様々なものを取り入れる好奇心と遊び心。生垣から緑あふれ、花がこぼれ咲く風景。"余地"があると思わせてくれる場所。ちょっと自由な空気。それが私の好きな鎌倉です。

Link
facebook
flickr
twitter

検索

カテゴリ

はじめまして
お知らせ
鎌倉散歩
白金散歩
山歩
旅風景
おでかけ
戴きもの
贈りもの
メイ
MyHouse
Letters
その他

タグ

(56)
(55)
(28)
(13)
(12)
(10)
(9)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 01月
2014年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧