タグ:おでかけ美味 ( 4 ) タグの人気記事

和菓子の椿  巣鴨 福島家の寒椿  奈良 御菓子司なかにしの南無観椿

とてもお世話になっている方が入院なさったと聞き、福島家の上生菓子を持ってお見舞いへ。
花の少なくなる11月、ツワブキやリンドウ過ぎて、街を彩りはじめるカンツバキとサザンカの花。
この時期になると、福島家のショーケースには、寒椿、山茶花、詫助、それぞれの姿を象った上生菓子が並びます。
実際の花よりふっくらと、淡い色で仕立てられていますが、しっかり形をつくるところに江戸の和菓子らしい美しさが感じられて、好き。


FukushimayaCamellia japonicaFukushimayaFukushimaya


私にとって、最初に出逢った椿の和菓子は、奈良にある御菓子司なかにしの南無観椿でした。
奈良では1月に若草山の山焼き、2月の節分では元興寺の柴燈護摩会(火渡り)、3月は東大寺二月堂のお水取りでお松明が焚かれます。
厳寒期に火を焚き、厄を祓い、新しい年の平和と安泰を祈る。1月、2月、3月と続く奈良の火の祭りは、荘厳で見ごたえのあるものばかり。
3月のお水取りで、本尊に捧げられる椿の造花を象ったお菓子が南無観椿。1月の若草山の山焼きに行った時、既にお店に並んでいました。
赤い花びら3枚の南無観椿は、芯に黄身餡を使用。練行衆に敬意を表し、動物性素材不使用、白い花びら3枚の満願椿も作られています。

南無観椿の素朴で愛らしい花姿。抽象的に表現することの多い京都の和菓子、きっちり形づくる江戸の和菓子と、また違う味わいがあります。
万葉の大らかさを思い出させる姿が、深く心に刻まれて。この和菓子をいただいて、お水取りが終わる頃、山や里には桜の季節が訪れます。


d0225257_1331277.jpg


Data
福島家   03-3918-3330 豊島区巣鴨2-1-1
御菓子司なかにし   0742-24-3048 奈良県奈良市脇戸町23

*山焼き前の若草山



by kamakura_mariko | 2011-11-30 23:00 | 贈りもの

隠岐の海、境港の海  レンブラント光線  ごはん屋 漁火でカニまるごと丼

Oki


忘れられない海の想い出。

ちょうど2年前、初めて訪ねた隠岐。 山もそうですが、海でも、島でも、太陽はいつ顔を出すかわからない。 厚い雲に覆われる冬の日本海。
この日もほんの一瞬、太陽はレンブラント光線(Angel Ladder)という姿で、鉛色の海を美しく照らしました。 光を追うのなら諦めてはいけない。
夜になれば、イカ釣り船が明るく照らす隠岐の海。 あまり知られていないけれど、人口が少なくて美しいままの海に育つ蟹や牡蠣は、絶品。

離島に市場はないから、近海で上物が獲れても境港に卸さなければ商いにならない。かかる時間、かかる燃料、落ちる鮮度、買い取られる値段。
こうしたループがCAS冷凍という技術によって変わり始めたのは約4年前。 獲れたての牡蠣やイカが、そのままの味わいで都内へ直送される。
イカ釣り船に乗って獲れたてのイカも味わいましたが、CAS冷凍を解凍した岩牡蠣やイカ丼の味に驚いたこと、今も鮮明に覚えています。


OkiOki


海を渡って境港へ。鬼太郎ロードを歩きながら、タクシー会社の方からお店情報を収集し、遅いお昼は "ごはん屋 漁火(いさりび)" に決定。
漁火は、ちょっと知られた名店。 「テレビに出たと言っても食べてみないと…」と口にした、カニまるごと丼の美味しさに、一同衝撃!
このカニ丼、カニをほじり出すという作業がいっさい必要ないのです。その上、濃厚なカニ味噌のトッピング。これで1,500円だなんて…(感涙)


IsaribiIsaribiIsaribiIsaribiIsaribiIsaribi


こんなにお世話になったのだから、氏神様にもご挨拶をしなければ。 美保神社で、感謝の祈り。 ゆっくりと暮れてゆく空。
ふと振り返ると、対岸の建物が黄金色に輝いています。 帰る間際に現われた、眩いレンブラント光線(Angel Ladder)。
太陽はいつ顔を出すかわからない。 その瞬間を逃さないよう密かに準備していると、嬉しい偶然は突然訪れる。
神様の声は聞こえなかったけれど、帰る前にそう教わったような気がしました。 海を眺めながら空港へ。 今度は、春の隠岐へ渡りたい。


MihojinjaSakaiminatoSakaiminato


Data
隠岐CAS冷凍 岩牡蠣の島風便はこちら>>> 島風便
ごはん屋 漁火(いさりび)   0859-42-6039 鳥取県境港市上道町2075-4



by kamakura_mariko | 2011-11-29 23:30 | 旅風景

白金のおいしい秋  La Farine(ラ・ファリーヌ) Romantico(ロマンティコ)

秋… と言っても花ではなく、食で感じる秋。^^
Facebookでお世話になっているMさんのお店が白金にあると聞き、ふらりとお散歩。 目黒と白金は徒歩8分♪
庭園美術館を超え、自然教育園を通り過ぎ、どんぐり公園を通過して、プラチナ通りのLa Farine(ラ・ファリーヌ)へ。
3回通って全種類食べたわけではないけれど、お気に入りの焼菓子はバナナのパウンドケーキとメープルのフィナンシェ。
ラ・ファリーヌのバナナのパウンドケーキ、ふと、広尾にあったクレモンフェランのバナナのタルトを思い出しました。
パウンドケーキとタルト、それぞれ違うものなのですが、朝食に食べたくなるようなやさしさに小さな共通点。この感じ、好き。
メープルのフィナンシェは、香りがよくて味わい深い。ついつい焼菓子ばかりになってしまうので、1つ生菓子も。
マロンのタルト、季節もので栗好きのチョイスです。ここで思いがけない発見。 「生クリームがおいしい☆☆☆」
ここ数年、個性の強いお菓子を追いかけてきましたが、ほっこりおいしいって大切ですね。味はもちろん、お店の心遣いも。
3つしか買わなかったのに、帰るとき笑顔で扉をあけてくださいました。 次回はショートケーキ、食べてみよう。 :-)


La FarineLa FarineLa Farine


時間がなくて寄れませんでしたが、プラチナ通りの1本内側の2階に、大好きなイタリアンのお店があります。
Romantico(ロマンティコ)――、引っ越して以来ご無沙汰しています。シェフ、お元気でしょうか。
カウンターだけのお店ですが、北イタリア系のお料理がおいしくて、飲めない私もワインが進んでしまう困ったお店。
前菜や主菜はもちろんのこと、あんなに洗練されたジャガイモのニョッキは味わったことがありません☆
大勢でおいしく楽しく飲んで食べるときはMagica、じっくり味わうならRomantico、私の中ではそういう位置づけ。
シェフのお料理、食べたいなぁ…… ショートケーキを買いに行くときは、ロマンティコにも行くー!と、ひそかに決意。 ;-)


d0225257_2091365.jpg


Data
La Farine(ラ・ファリーヌ)  03-5475-1920 港区白金台4-9-21
Romantico(ロマンティコ)  03-3446-2484 港区白金台5-14-8タイニービル2F



by kamakura_mariko | 2011-10-27 20:00 | 白金散歩

東と西、大好きな栗きんとん (鎌倉・蕉雨庵、京都・嘯月)

はじめて蕉雨庵を訪ねたのは、2005年11月。

京都の上生菓子に夢中になっていた当時、生風庵さん(2007年閉店)や松屋常盤さんの瑞々しいきんとんの虜になり、
塩芳軒の「白(白小倉)」と「黒(黒きんとん)」 で、口の中いっぱいに広がる白小豆の魅力を知り、
紫野源水さんの雛菓子や飴細工の繊細さ、春告鳥のおいしさ、美しさに心躍らせていました。
まさか、関東で京の風を感じる瑞々しいきんとんをいただくことができるなんて。それが6年前の晩秋、蕉雨庵との出逢い。
以来、毎年10月に蕉雨庵の栗きんとんをいただくのは、季節の慣わしとなりました。
今年は栗が少なかったそうですが、風味はたっぷり。薄紫にさらされた餡との絶妙なバランス、心ゆくまで堪能♪
東の大好きな栗きんとん。蕉雨庵の栗きんとんは、今日でおしまい。また来年が楽しみです。


ShoanEuonymus oxyphyllusShoan


西の栗きんとん。紅葉した楓の下で、嘯月さんの栗きんとんを頬ばったしあわせな思い出。こちらも衝撃の出逢いでした。
この栗きんとんを味わうためだけに、京都に行きたいほど大好きな逸品。(と言いつつ、行ったらいろいろ食べるけれど)
嘯月の栗きんとんは、今がちょうど季節。11月初旬までは作ってくださるようですが、今年は食べられるかな……。
繊細でふくよかな、栗の余韻がつまった栗きんとん。お取り寄せはできませぬ。う~ん…食べに行きたい。。。


d0225257_19165075.jpg


Data
蕉雨庵  0467-22-8300  鎌倉市雪ノ下3-4-6
ツリバナ/吊花 (ニシキギ科) *蕉雨庵

嘯月  075-491-2464  京都市北区紫野上柳町6
イロハモミジ/いろは紅葉 (カエデ科) *龍安寺



by kamakura_mariko | 2011-10-15 23:00 | 鎌倉散歩

ABOUT

山本麻理子

生まれ育った鎌倉の風景

京都の格式にかなわず、
奈良の歴史に及ばない。
けれど
和洋折衷神さま仏さま、
様々なものを取り入れる好奇心と遊び心。生垣から緑あふれ、花がこぼれ咲く風景。"余地"があると思わせてくれる場所。ちょっと自由な空気。それが私の好きな鎌倉です。

Link
facebook
flickr
twitter

検索

カテゴリ

はじめまして
お知らせ
鎌倉散歩
白金散歩
山歩
旅風景
おでかけ
戴きもの
贈りもの
メイ
MyHouse
Letters
その他

タグ

(56)
(55)
(28)
(13)
(12)
(10)
(9)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 01月
2014年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧