<   2011年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

和菓子の椿  巣鴨 福島家の寒椿  奈良 御菓子司なかにしの南無観椿

とてもお世話になっている方が入院なさったと聞き、福島家の上生菓子を持ってお見舞いへ。
花の少なくなる11月、ツワブキやリンドウ過ぎて、街を彩りはじめるカンツバキとサザンカの花。
この時期になると、福島家のショーケースには、寒椿、山茶花、詫助、それぞれの姿を象った上生菓子が並びます。
実際の花よりふっくらと、淡い色で仕立てられていますが、しっかり形をつくるところに江戸の和菓子らしい美しさが感じられて、好き。


FukushimayaCamellia japonicaFukushimayaFukushimaya


私にとって、最初に出逢った椿の和菓子は、奈良にある御菓子司なかにしの南無観椿でした。
奈良では1月に若草山の山焼き、2月の節分では元興寺の柴燈護摩会(火渡り)、3月は東大寺二月堂のお水取りでお松明が焚かれます。
厳寒期に火を焚き、厄を祓い、新しい年の平和と安泰を祈る。1月、2月、3月と続く奈良の火の祭りは、荘厳で見ごたえのあるものばかり。
3月のお水取りで、本尊に捧げられる椿の造花を象ったお菓子が南無観椿。1月の若草山の山焼きに行った時、既にお店に並んでいました。
赤い花びら3枚の南無観椿は、芯に黄身餡を使用。練行衆に敬意を表し、動物性素材不使用、白い花びら3枚の満願椿も作られています。

南無観椿の素朴で愛らしい花姿。抽象的に表現することの多い京都の和菓子、きっちり形づくる江戸の和菓子と、また違う味わいがあります。
万葉の大らかさを思い出させる姿が、深く心に刻まれて。この和菓子をいただいて、お水取りが終わる頃、山や里には桜の季節が訪れます。


d0225257_1331277.jpg


Data
福島家   03-3918-3330 豊島区巣鴨2-1-1
御菓子司なかにし   0742-24-3048 奈良県奈良市脇戸町23

*山焼き前の若草山



by kamakura_mariko | 2011-11-30 23:00 | 贈りもの

隠岐の海、境港の海  レンブラント光線  ごはん屋 漁火でカニまるごと丼

Oki


忘れられない海の想い出。

ちょうど2年前、初めて訪ねた隠岐。 山もそうですが、海でも、島でも、太陽はいつ顔を出すかわからない。 厚い雲に覆われる冬の日本海。
この日もほんの一瞬、太陽はレンブラント光線(Angel Ladder)という姿で、鉛色の海を美しく照らしました。 光を追うのなら諦めてはいけない。
夜になれば、イカ釣り船が明るく照らす隠岐の海。 あまり知られていないけれど、人口が少なくて美しいままの海に育つ蟹や牡蠣は、絶品。

離島に市場はないから、近海で上物が獲れても境港に卸さなければ商いにならない。かかる時間、かかる燃料、落ちる鮮度、買い取られる値段。
こうしたループがCAS冷凍という技術によって変わり始めたのは約4年前。 獲れたての牡蠣やイカが、そのままの味わいで都内へ直送される。
イカ釣り船に乗って獲れたてのイカも味わいましたが、CAS冷凍を解凍した岩牡蠣やイカ丼の味に驚いたこと、今も鮮明に覚えています。


OkiOki


海を渡って境港へ。鬼太郎ロードを歩きながら、タクシー会社の方からお店情報を収集し、遅いお昼は "ごはん屋 漁火(いさりび)" に決定。
漁火は、ちょっと知られた名店。 「テレビに出たと言っても食べてみないと…」と口にした、カニまるごと丼の美味しさに、一同衝撃!
このカニ丼、カニをほじり出すという作業がいっさい必要ないのです。その上、濃厚なカニ味噌のトッピング。これで1,500円だなんて…(感涙)


IsaribiIsaribiIsaribiIsaribiIsaribiIsaribi


こんなにお世話になったのだから、氏神様にもご挨拶をしなければ。 美保神社で、感謝の祈り。 ゆっくりと暮れてゆく空。
ふと振り返ると、対岸の建物が黄金色に輝いています。 帰る間際に現われた、眩いレンブラント光線(Angel Ladder)。
太陽はいつ顔を出すかわからない。 その瞬間を逃さないよう密かに準備していると、嬉しい偶然は突然訪れる。
神様の声は聞こえなかったけれど、帰る前にそう教わったような気がしました。 海を眺めながら空港へ。 今度は、春の隠岐へ渡りたい。


MihojinjaSakaiminatoSakaiminato


Data
隠岐CAS冷凍 岩牡蠣の島風便はこちら>>> 島風便
ごはん屋 漁火(いさりび)   0859-42-6039 鳥取県境港市上道町2075-4



by kamakura_mariko | 2011-11-29 23:30 | 旅風景

海蔵寺 山門の紅葉 蕉雨庵の照葉

気持ちよく晴れた日曜日。紅葉の様子を見に、扇ガ谷を散歩。
英勝寺の銀杏が冬の空で背伸びする。海蔵寺へ向かう途中、お屋敷によく似合うリースを飾った玄関発見。
のんびりとした日曜日の空気、紅葉の下見に訪れた主人の傍らで、2匹のこの子たちも好奇心いっぱいに周囲を見渡している。


Ginkgo bilobawreathwreathDogs


海蔵寺に着くと、山門前の紅、ちょうど見頃でした。黄金色のカエデも陽に透けてとても綺麗。
驚いたのはユキヤナギ。紅葉の時期にまだ花をつけているなんて。昨年も咲いていたのだろうか。来年も意識して逢いにこよう。
塩害が気になりつつも、小さな紅葉を見つけるたび心躍ります。名残のリンドウ、藍色の花びらにはまだ生命力が宿っていました。


maplemapleSpiraea thunbergiiSpiraea thunbergiiSpiraea thunbergiiGentiana scabra var. buergeriGentiana scabra var. buergeri


あまり時間はないのだけれど、蕉雨庵への寄り道はショートカットできません。(笑)
カウンターに座って上生菓子を注文すると、携帯に「今日は主人と蕉雨庵に行きました」とお友だちからメール。
ほんの少しの行き違い。でも、なんだか嬉しくなりました。蕉雨庵のお菓子たちも、少しずつ深く色づいています。


ShoanShoanShoan


Data
イチョウ/銀杏 (イチョウ科)
カエデ/楓 (カエデ科)
ユキヤナギ/雪柳 (バラ科)
リンドウ/竜胆 (リンドウ科)

海蔵寺  0467-22-3175 鎌倉市扇ガ谷4-18-8
蕉雨庵  0467-22-8300  鎌倉市雪ノ下3-4-6



by kamakura_mariko | 2011-11-28 23:00 | 鎌倉散歩

牛スネ肉スープの野菜鍋 (薬食レシピ)

小雪に入り、冷え込むようになりました。
体があたたまるおいしい鍋料理をつくろうと、食医の先生から教わった薬食レシピを実践☆ (以下、自分のための記録です)
牡蠣が苦手の母も一緒だったため、急遽、牡蠣鍋レシピをアレンジして昆布出汁と牛スネ肉をベースにした野菜鍋へ変更。
とにかくスープがおいしくて体も温まり、翌朝の体調も◎でした。簡単で、おいしくて、体軽やか。四谷荒木町、桃太郎風仕立ての薬食鍋です。


d0225257_1531376.jpg


[ 材料 ]
A
昆布(抗癌作用)
牛スネ肉 200g  ※荒木町桃太郎は良質な牛ほお肉を使用しています
椎茸(肺・抗癌食)
ゴボウ
日本酒(具材をまろやかにし消化力アップ)
味醂(具材をまろやかにし消化力アップ)
醤油


B
エノキ(肺・抗癌食)
エリンギ(肺・抗癌食)
舞茸(肺・抗癌食)
ゴボウ
蓮根
大根
白菜
長ネギ
葛きり(解酒毒作用・筋肉疲労・疲労回復・風邪予防効果)

C
うどん
生姜


[ 作り方 ]
A
・昆布でしっかり出汁をとる
・昆布を取り出し、塩をふっておいた牛スネ肉と椎茸とゴボウを投入
・醤油、塩、日本酒、味醂で味を調える

B
・鍋を食卓に移し、柚子の皮を入れた小鉢で、まずはスープを味わう
・牛スネ肉は一度取り出し、一口大に切って鍋に戻す
・火の通りにくい、キノコ類、葛きり、蓮根などを投入(ゴボウはささがきに)
・葉野菜などを投入(あとはお好みで)

C
・ひとしきり満足したら、〆のうどん投入
・出汁の旨みがご馳走なので特に何も入れなくてよいが、大根おろしやおろし生姜でさっぱりいただくと美味


[ ポイント ]
・スープの味つけが全て。昆布、良質の牛スネ肉、椎茸、宮瀧醤油でしっかりとおいしい出汁を。
・葛きりは、本葛100%を使用する。
・この鍋は他のキノコ類より椎茸がおいしい。次回は椎茸たっぷりで。
・最も大切なのは、余分なものを入れないこと。効能が逆の食材を加えてしまうと薬食効果半減。
 食材の組み合わせについて、もっと学んでいきたい。



by kamakura_mariko | 2011-11-27 22:00 | MyHouse

北鎌倉  喫茶ミンカと石かわ珈琲で過ごす休日

人の多い八幡様をぬけて、喫茶ミンカで待ち合わせ。
雪ノ下の住宅街でヒメツルソバの小路発見。よく見ると小さな花がひらいています。思わず道草しつつ、朝は静かな北鎌倉へ。


Persicaria capitataPersicaria capitata


お昼にOPENする喫茶ミンカ。いつもは夕方、お茶に立ち寄るお店。 この日はお友だちとゆっくりお喋りランチ。
黒板のキーマカレーが気になりながら、ミンカプレート(1,000円)をオーダー。このプレート、ご飯もおかずも、ひとつ1つが丁寧でおいしい。
ニンジンのきんぴらにもたんぱく質とジンジャーの香りたっぷり。ゆるカフェを装いながら、内容やサービスはゆるくないところがミンカの魅力。


MinkaMinkaMinkaMinkaMinka


ミンカのランチを堪能した後は、名月院の横を抜けて石かわ珈琲へ。 途中、左手の空き地にまだ咲いていたキツリフネ。
11月末になっても咲いているなんて。お友だちが魚姿の蕾も発見。花は暦を見ながら咲かないのだから、やはり暖かいのかなと改めて思う。


Callicarpa dichotomaImpatiens noli-tangereImpatiens noli-tangere


夕暮れの石かわ珈琲、外が暮れるほど、店内の灯りが柔らかく浮かび上がります。
ここに来たら、おいしい珈琲と一緒に甘いモノも。クレームブリュレを思わせる濃厚ななめらかプリン、健在。
チーズケーキはいしかわブレンドと絶妙の相性。あっという間に暗くなってしまいました。尽きない雪山計画のお喋りは、近いうちにまた続きを。


ISHIKAWA COFFEEISHIKAWA COFFEEISHIKAWA COFFEE


Data
喫茶ミンカ   0467-50-0221 鎌倉市山ノ内377-2
石かわ珈琲   0467-81-3008 鎌倉市 山ノ内197-52

コムラサキ/小紫 (クマツヅラ科) 別名: コシキブ/小式部
キツリフネ/黄釣船 (ツリフネソウ科)



by kamakura_mariko | 2011-11-24 23:00 | 鎌倉散歩

小雪  山では雨が雪に、里では風が強く (蕉雨庵で紅葉狩り)

11/23 小雪  冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるがゆへ也
冬らしく引き締まった空気、冷たい風の吹く中、心や体があたたまるお土産をいただきました。 ありがとうございます♡
お手製の干し柿☆ 大ぶりの実、ふっくらしていて、中のレアな食感はまるであんぽ柿のよう。 お世辞ではなく極上の味わいです。
自家製でこんなに美味しく作れるのなら、来年はチャレンジしたい! …と言うものの、まずは弟子入りのお願いをしなければ。(^^)
以前、別の方からいただいた生姜蜜も活躍する季節に入りました。 紅茶にたらしていただくと、スパイシーでとてもおいしい。


autumn foliageKakiGinger


今年の鎌倉は、9月21日に通り過ぎた台風の塩害で多くの葉が枯れたため、紅葉はシックな装いが予想されます。
ならば、色鮮やかな紅葉狩りと懐かしい銀杏の紅葉は、蕉雨庵で。銀杏と錦繍、しっとりと瑞々しい紅葉の上生菓子を。
もう1つ懐かしい風景も添えて。一昨年の自宅の紅葉。今は私道となりましたが、門を彩る美しい錦は忘れられない思い出です。
手放すもの、新しく縁するもの―― 双方が折り重なって、赤や黄色や黄緑がグラデーションをつくる季節。


ShoanShoanShoanautumn foliage


Data
鎌倉宮(大塔宮)  0467-22-0318  鎌倉市二階堂154  *紅葉は12月初旬
蕉雨庵  0467-22-8300  鎌倉市雪ノ下3-4-6



by kamakura_mariko | 2011-11-23 22:30 | 戴きもの

Atelier Kika(アトリエキカ)  黒田真琴 帽子展

このあいだの雨の土曜日、こんなお天気の日はカフェめぐり♪と、近所のアトリエキカへ。
2011/11/16~11/27 帽子展開催中の店内には、手編みのステキな帽子がたくさん。


Atelier KikaAtelier KikaAtelier KikaAtelier KikaAtelier KikaAtelier KikaAtelier KikaAtelier KikaAtelier Kika


ベレーのように被ることのできる帽子、山歩きや自転車に合いそうな帽子、信じられないくらい軽い帽子、しっかり編んである帽子。
私は帽子はかぶらないのですが、ひとつ1つ糸の色やポイントになるボタンの工夫が愛らしくて、夢中になって見入ってしまう。


Atelier KikaAtelier KikaAtelier KikaAtelier KikaAtelier Kika


帽子展の帽子だけではなく、kikaのマリコさんがそばに置いておきたいと思った雑貨たちが店内のあちらこちらに。
何度眺めても新しい発見があるから、kikaは楽しい。


Atelier KikaAtelier KikaAtelier KikaAtelier Kika


最後はカウンターで、patisserie Rさんのタルトタタンに舌鼓。
雨の日はゆっくりと、アトリエキカで♪


Atelier Kika


Data
Atelier Kika  0467-24-7025  鎌倉市二階堂91
黒田真琴 帽子展  11/16 wed~11/27 sun  12:30~17:30pm
*前回の展示はこちら>>> 木工小品展+天然酵母パン



by kamakura_mariko | 2011-11-22 23:00 | 鎌倉散歩

garage sale (Misaさんのガレージセール)

Misaさんのガレージセールがあると聞いて、ちょっと逗子へ。
JR逗子駅から新逗子駅方向に歩き、ソフトクリームをなめながらどんどん前進。(この日は暑かったのです…と言い訳)


moomoo'smoomoo's


消防署の前に着いたら、道路をわたって反対側へ。そこがガレージセールの会場☆


a flea marketa flea marketa flea market
a flea marketa flea marketa flea market


「とにかく何かできることをしていたくて」というMisaさんとそらまめさんの気持ちがこもった、ガレージセール。
定期的に開催していらっしゃるようです。お近くにお立ち寄りの際は、ぜひ。^^


Data
moomoo's  046-871-8185 逗子市逗子2-7-4  *ソフトクリームのお店
garage sale
   開催の様子 Misaさんのblog>>> Blog
   次回の日程 ソラマメさんのblog>>> Blog
   花のリース kito*kaさんのblog>>> Blog



by kamakura_mariko | 2011-11-20 23:00 | 鎌倉散歩

みやじ豚のBBQ(バーベキュー) 弁慶果樹園のブドウの樹の下で

仕事の関係で声がかかった、みやじ豚のバーベキュー。
農家のこせがれネットワークを主宰する宮治勇輔さんは、一次産業を(K)かっこよく、(K)感動があって、(K)稼げる3K産業に! と、
みやじ豚という独自のブランド豚を手塩にかけて育て、BBQによって体験的に広める活動をなさってらっしゃる若き頼もしきオーナー。
ブドウの樹の下でBBQというステキな会場、大勢の人が集う楽しい空気、いくらでも入ってしまうみやじ豚のおいしさに、ノックダウン☆


d0225257_0254931.jpg


この季節のブドウの樹は明るく紅葉していて綺麗です。BBQをゆっくり堪能しようと思いながらも、ついついシャッターを切ってしまう。^^


d0225257_0264163.jpg


この日(2011/11/13)は250名を超える参加、広い会場も満席となる大盛況。大人4000円、中学生以下無料で、飲み放題、食べ放題。
Kさんもビールコーナーでボランティア。バランスのいい泡入ビールを次々と注ぎます。「プロの人に入れてもらったら沢山入った♪」と大人気。


d0225257_0301170.jpg


乾  杯  !


d0225257_0304352.jpg


通常の倍は厚さのあるみやじ豚のバラ肉、脂がサラリと軽やかで、一時的にお腹がいっぱいになっても少し経つとまた入ってしまう不思議!
「一人400gは用意してありますので、どんどん召し上がってくださーい」  ……400g?! でも、予定よりモリモリ食べている自分がコワイ。。


d0225257_0311276.jpgd0225257_0313464.jpg


BBQも後半になると、飲みながら語るテーブル、一句詠みはじめるテーブル、泥んこの崖を滑って遊ぶ子どもたちと、楽しみ方もそれぞれ。


d0225257_154302.jpg


プログラムは特になくて、みやじ豚の美味しい炭焼きをたのしみ、話したり、散歩したり、知り合ったり… この自由な空気が何とも心地よくて。


d0225257_0331826.jpg


ニュースでは、TPPに賛成反対と騒がしく聞こえてきますが、選挙民に耳心地よく守る政策ばかりを打ち出すのではなく、
*このように真面目に取り組む農家、酪農家がしっかり稼げるように制度が改正され
*生活者が嘘偽りのない情報を確認し、選択して買うことができる環境をあらゆる角度から見直す
そのような未来を見据えた上で、具体的な方針を立て、しっかり交渉してほしい。


d0225257_0334714.jpg


みやじ豚のBBQは、定期的になさっていらっしゃるようです。本当においしくて、ブドウの樹の下でいただく会場の雰囲気も、最高でした。
次回伺うときはプライベートで、メイたちや親しい友人をを連れて参加したいと思います♪


Data
みやじ豚について コチラ >>> Homepage
次回BBQ開催日 コチラ >>> Homepage
会場だった果樹園 コチラ >>> Homepage



by kamakura_mariko | 2011-11-13 23:00 | おでかけ

再会  Osteria Gioia (オステリア ジョイア)

久しぶりに幼馴染と食事。ゆっくり話したのは20年ぶりくらい。
Facrbookで再会したことをきっかけに、オステリア ジョイアへ。


Osteria GioiaOsteria GioiaOsteria Gioia


Yちゃんのお薦めで訪ねたこのお店、かつてリッチョーネで畑仕事とレストランを両立させながら営業していらした飯田さんのお店でした。
畑は今も健在とのこと。幼馴染だけではなく、お店とも嬉しい再会。すっかり楽しい気分になって、18:30から22:00過ぎまであっという間。
ジョイアで出されるワインは口当たりよく、味わい深く、どんどん入ってしまうから危険です。^^
1Fは"コトリ"というかわいい雑貨屋さん。駅から歩いて苦のない距離。通うことになってしまいそうです。Yちゃん、また一緒に遊んでネ♪


Osteria Gioia


Data
オステリア・ジョイア  0467-24-6623 鎌倉市由比ヶ浜2-3-4 Cristi ビル 2F



by kamakura_mariko | 2011-11-12 23:00 | 鎌倉散歩

ABOUT

山本麻理子

生まれ育った鎌倉の風景

京都の格式にかなわず、
奈良の歴史に及ばない。
けれど
和洋折衷神さま仏さま、
様々なものを取り入れる好奇心と遊び心。生垣から緑あふれ、花がこぼれ咲く風景。"余地"があると思わせてくれる場所。ちょっと自由な空気。それが私の好きな鎌倉です。

Link
facebook
flickr
twitter

検索

カテゴリ

はじめまして
お知らせ
鎌倉散歩
白金散歩
山歩
旅風景
おでかけ
戴きもの
贈りもの
メイ
MyHouse
Letters
その他

タグ

(56)
(55)
(28)
(13)
(12)
(10)
(9)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 01月
2014年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧