<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

神無月の鎌倉 蕉雨庵の上生菓子 Garage Blue Bellのパンプキンパイ

蕉雨庵、10月最終週の和菓子は、初もみじと織部薯蕷でした。
織部薯蕷で今年の蕉雨庵での栗はおしまい。来年の再会を誓って、2つペロリ。
11月は臨時休業が入るそうです。11/10(木)、11/11(金)、11/14(月)。
蕉雨庵がお休みだと寂しい…!と思ったのですが、土日は営業なさるのだとか。ホッと一安心。


ShoanShoanShoan


Blue Bellではハロウィンのパンプキンパイ。スパイシーで好みの味。
Mさんとお茶しながら冬山歩きの密談♪ Blogが縁でお店へ、お店が縁で雪山へ。
思いがけずつながっていく不思議。少しご無沙汰していました、また伺わせていただきます。^^


Tricyrtis formosanaGarage Blue BellGarage Blue BellDiospyros kaki


Data
蕉雨庵  0467-22-8300  鎌倉市雪ノ下3-4-6
Garage Blue Bell  0467-22-4836  鎌倉市小町2-4-14



by kamakura_mariko | 2011-10-30 22:30 | 鎌倉散歩

北鎌倉 円覚寺 御菓子司こまき

爽やかに晴れた散歩日和の鎌倉。この季節、お天気に恵まれたら北鎌倉で道草。
色鮮やかなシュウメイギクに逢いに、円覚寺を訪ねます。シュウメイギクの原種は黄梅院が有名ですが、花期を過ぎているので如意庵へ。
長い間、シュウメイギクは白の一重が原種だと思っていました。だいたいの花は原種がシンプルで園芸種が八重ていることが多いもの。
でも、シュウメイギクは、濃いピンクの八重が原種に近い花なのだそうです。そう知ると、円覚寺や建長寺など、原種の咲くお寺の多いこと。


EnkakujiAnemone japonicaAnemone japonicaAnemone japonicaAnemone japonica


シュウメイギクの花が終わりかけていた黄梅院、ホトトギスの花が凛と佇みます。山門でイキイキと咲いていたツバキの花、子白玉。
如意庵の山門前に咲いていたのは、ツバキの仲間チャノキでした。塔頭によってそれぞれの趣があるのが、塔頭めぐりの楽しいところ。
山野草の寺、松嶺院に咲いていたウンナンハギ。八重や紅のダイモンジソウが綺麗でした。こちらは原種ではなく、ヴァリエーション。


Tricyrtis hirtaCamellia japonicaCampylotropis polyantha_DSC9717_DSC9723


円覚寺を訪ねたら、こまきさんでお茶がお約束。紅葉の葉が落ちた道を象った上生菓子。
ふと窓の外を見ると、こまきさんのお庭にも原種のシュウメイギクが咲いていました。


KomakiKomakiKomaki


Data

円覚寺  0467-22-0478 鎌倉市山ノ内409
シュウメイギク/秋明菊(キンポウゲ科) *如意庵
タイワンホトトギス/台湾杜鵑(ユリ科) *黄梅院
ツバキ/椿(ツバキ科) *黄梅院
ウンナンハギ/雲南萩(マメ科) *松嶺院
ダイモンジソウ/大文字草(ユキノシタ科) *松嶺院

御菓子司こまき  0467-22-3316 鎌倉市山ノ内501



by kamakura_mariko | 2011-10-28 22:00 | 鎌倉散歩

Funny and Entertaining! (Contrex CM)


人をHappyな気持ちにさせるCM。こんなことをされたら、無条件でその企業が好きになってしまいます。脱帽♪


☆ BRAVO!!!Contrex (^^)ノ ☆



by kamakura_mariko | 2011-10-28 12:10 | Letters

白金のおいしい秋  La Farine(ラ・ファリーヌ) Romantico(ロマンティコ)

秋… と言っても花ではなく、食で感じる秋。^^
Facebookでお世話になっているMさんのお店が白金にあると聞き、ふらりとお散歩。 目黒と白金は徒歩8分♪
庭園美術館を超え、自然教育園を通り過ぎ、どんぐり公園を通過して、プラチナ通りのLa Farine(ラ・ファリーヌ)へ。
3回通って全種類食べたわけではないけれど、お気に入りの焼菓子はバナナのパウンドケーキとメープルのフィナンシェ。
ラ・ファリーヌのバナナのパウンドケーキ、ふと、広尾にあったクレモンフェランのバナナのタルトを思い出しました。
パウンドケーキとタルト、それぞれ違うものなのですが、朝食に食べたくなるようなやさしさに小さな共通点。この感じ、好き。
メープルのフィナンシェは、香りがよくて味わい深い。ついつい焼菓子ばかりになってしまうので、1つ生菓子も。
マロンのタルト、季節もので栗好きのチョイスです。ここで思いがけない発見。 「生クリームがおいしい☆☆☆」
ここ数年、個性の強いお菓子を追いかけてきましたが、ほっこりおいしいって大切ですね。味はもちろん、お店の心遣いも。
3つしか買わなかったのに、帰るとき笑顔で扉をあけてくださいました。 次回はショートケーキ、食べてみよう。 :-)


La FarineLa FarineLa Farine


時間がなくて寄れませんでしたが、プラチナ通りの1本内側の2階に、大好きなイタリアンのお店があります。
Romantico(ロマンティコ)――、引っ越して以来ご無沙汰しています。シェフ、お元気でしょうか。
カウンターだけのお店ですが、北イタリア系のお料理がおいしくて、飲めない私もワインが進んでしまう困ったお店。
前菜や主菜はもちろんのこと、あんなに洗練されたジャガイモのニョッキは味わったことがありません☆
大勢でおいしく楽しく飲んで食べるときはMagica、じっくり味わうならRomantico、私の中ではそういう位置づけ。
シェフのお料理、食べたいなぁ…… ショートケーキを買いに行くときは、ロマンティコにも行くー!と、ひそかに決意。 ;-)


d0225257_2091365.jpg


Data
La Farine(ラ・ファリーヌ)  03-5475-1920 港区白金台4-9-21
Romantico(ロマンティコ)  03-3446-2484 港区白金台5-14-8タイニービル2F



by kamakura_mariko | 2011-10-27 20:00 | 白金散歩

冬支度の前に 御成散歩 Rasoxshop 蕉雨庵で光琳菊

Shichirigahama


仕事で七里ガ浜へ。10月も半ばを過ぎると、風の温度が下がります。江ノ島の向こうに、箱根から富士山のシルエットが見えた日曜日。


URADANAURADANAEupatorium spp


帰りはお約束の道草。御成商店街を少し入ったところにあるURAMADO。その先にOPENしたと聞いた、靴下のお店。ありました、Rasox。


RasoxRasoxRasoxRasoxRasox


3足購入♪  冬支度をはじめる前に、秋の支度。紫の靴下たちにも心奪われたのですが、サイズがなくて断念。ふと気づくと茶系づくし。(^^)
1足だいたい1500円前後。お気に入りを見つけて、お友達にプレゼントするのも楽しそう。定期的に通いたいお店です。


d0225257_11464711.jpg


雪ノ下で出逢った、東北からやってきたサンマたち。あまりにもささやかですが、できるときにできること。


ShoanShoan


帰りみち、蕉雨庵に寄ると、笹製のバッタが迎えてくれました。抹茶といただいたお菓子は、"光琳菊"。
尾形光琳が屏風や工芸品に描いた意匠は、和菓子の世界に巧みに取り入れられているのだそうです。
光琳菊も、その1つ。やわらかな道明寺粉に包まれた淡い色の漉し餡、美味。光琳菊は、10/24まで。
心も足元もすっかり温まりました。さて、怒涛の10月後半を乗り越えなくては。^^


Data
ユーパトリューム (キク科)  別名: 西洋フジバカマ
Rasox Shop  0467-23-3788 鎌倉市御成町10-15
蕉雨庵  0467-22-8300  鎌倉市雪ノ下3-4-6



by kamakura_mariko | 2011-10-16 20:00 | 鎌倉散歩

東と西、大好きな栗きんとん (鎌倉・蕉雨庵、京都・嘯月)

はじめて蕉雨庵を訪ねたのは、2005年11月。

京都の上生菓子に夢中になっていた当時、生風庵さん(2007年閉店)や松屋常盤さんの瑞々しいきんとんの虜になり、
塩芳軒の「白(白小倉)」と「黒(黒きんとん)」 で、口の中いっぱいに広がる白小豆の魅力を知り、
紫野源水さんの雛菓子や飴細工の繊細さ、春告鳥のおいしさ、美しさに心躍らせていました。
まさか、関東で京の風を感じる瑞々しいきんとんをいただくことができるなんて。それが6年前の晩秋、蕉雨庵との出逢い。
以来、毎年10月に蕉雨庵の栗きんとんをいただくのは、季節の慣わしとなりました。
今年は栗が少なかったそうですが、風味はたっぷり。薄紫にさらされた餡との絶妙なバランス、心ゆくまで堪能♪
東の大好きな栗きんとん。蕉雨庵の栗きんとんは、今日でおしまい。また来年が楽しみです。


ShoanEuonymus oxyphyllusShoan


西の栗きんとん。紅葉した楓の下で、嘯月さんの栗きんとんを頬ばったしあわせな思い出。こちらも衝撃の出逢いでした。
この栗きんとんを味わうためだけに、京都に行きたいほど大好きな逸品。(と言いつつ、行ったらいろいろ食べるけれど)
嘯月の栗きんとんは、今がちょうど季節。11月初旬までは作ってくださるようですが、今年は食べられるかな……。
繊細でふくよかな、栗の余韻がつまった栗きんとん。お取り寄せはできませぬ。う~ん…食べに行きたい。。。


d0225257_19165075.jpg


Data
蕉雨庵  0467-22-8300  鎌倉市雪ノ下3-4-6
ツリバナ/吊花 (ニシキギ科) *蕉雨庵

嘯月  075-491-2464  京都市北区紫野上柳町6
イロハモミジ/いろは紅葉 (カエデ科) *龍安寺



by kamakura_mariko | 2011-10-15 23:00 | 鎌倉散歩

石見焼を買いに  お土産はCALVA(カルヴァ)のパン

Boulangerie & Patisserie CALVABoulangerie & Patisserie CALVA


島根でお世話になった方が、石見焼の出展で鎌倉へいらっしゃると嬉しい知らせ。
滞在中に軽く召し上がっていただけるよう、CALVA(カルヴァ)でタルトタタンとイチジクのタルトを購入し、紀ノ国屋鎌倉店へ。
サラッと書きましたが、CALVAのパンは、とてもとても美味しい。私は大好き。 店内にはブーランジュリーとパティスリーが
併設されています。私の心を鷲づかみにしているのは、ブーランジュリー。ひとたびCALVAの調理パンを味わってしまうと、
大船駅での途中下車をいとわなくなります。この日も鎌倉駅から大船駅へ行き、パンを買って再び鎌倉駅へ。(^^;)


IwamiyakiIwamiyakisquid


紀ノ国屋に入ると、左手のサービスカウンター横で石見焼が展示されていました。
綺麗な色に惹かれて、ぐい呑み衝動買い。青から紫のグラデーション、雪舟窯さんの器はどこか繊細で心に灯がともります。
石州瓦やはんどうと呼ばれる大きな水がめで栄えた石見の焼き物は、窯元に職人の誇りがあり、丈夫で手軽なものが多く、
私のようなものでも手が出せる嬉しいラインナップ。各窯元の作品を前に、登り窯や手しごとについて伺い、楽しいひととき。

週明け、オフィスに出勤すると、Bossから島根のおすそ分け。
石見の隣町、浜田産シロイカの一夜干し。おいしい♪ 次回は、肴に合うお皿がほしいな、と思いながらゆっくりと味わって。
人に魅力、食は日本海、文化に興味。 行ってみたい場所がまた1つ増えました。来年は行けるといいな、江津。



Data
CALVA(カルヴァ) 0467-45-6260 鎌倉市大船1-12-18エミールビル1F
石見焼  島根県江津市 Homepage
日本橋島根館  石見焼の陶芸教室 2011年10/13~10/18 calendar  03-5201-3310 中央区日本橋室町1-5-3福島ビル1F



by kamakura_mariko | 2011-10-09 22:30 | 鎌倉散歩

キンモクセイの香り 荏柄天神/絵筆塚祭 鎌倉宮/薪能

庭の樹も、近所に佇む大きな樹も、今年は沢山花をつけたキンモクセイ。甘い香りが一雨ごとに和らぎ、残り香となった頃。


Osmanthus fragrans var. aurantiacusOsmanthus fragrans var. aurantiacus


御燗がおいしい季節、到来。


MinemotoMinemotoMinemoto


帰り道、調子のいいお囃子の響きに誘われて、荏柄天神へ。絵筆塚祭の灯篭が参道を照らします。
突き当たり、鎌倉宮には薪能の提灯。神無月、連休初日。月明かりも霞むほどに、明るく賑やかな夜でした。


Egara tenjinEgara tenjinKamakura gu
d0225257_3121785.jpg


Data
キンモクセイ/金木犀 (モクセイ科)
荏柄天神社 0467-25-1772 鎌倉市二階堂74  10月 絵筆塚祭
鎌倉宮   0467-22-0318 鎌倉市二階堂154  10月 薪能



by kamakura_mariko | 2011-10-08 23:30 | 鎌倉散歩

ABOUT

山本麻理子

生まれ育った鎌倉の風景

京都の格式にかなわず、
奈良の歴史に及ばない。
けれど
和洋折衷神さま仏さま、
様々なものを取り入れる好奇心と遊び心。生垣から緑あふれ、花がこぼれ咲く風景。"余地"があると思わせてくれる場所。ちょっと自由な空気。それが私の好きな鎌倉です。

Link
facebook
flickr
twitter

検索

カテゴリ

はじめまして
お知らせ
鎌倉散歩
白金散歩
山歩
旅風景
おでかけ
戴きもの
贈りもの
メイ
MyHouse
Letters
その他

タグ

(56)
(55)
(28)
(13)
(12)
(10)
(9)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 01月
2014年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧