<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

長月の鎌倉 蕉雨庵と美鈴の和菓子

Anemone japonica


シュウメイギクが大巧寺で風に揺れていた9月。おいしい和菓子も花盛りでした。


ShoanShoan


蕉雨庵、雁ケ音。しっとりとした味わいがおいしい、大好きなお菓子の一つです。
(雁の絵柄からふんわりと香るシナモンがアクセント、たまりません)


MisuzuMisuzu


美鈴、9月のお菓子は流鏑馬。テイクアウトのみ。毎年必ず家族で味わう一品。
これらのお菓子が終わる頃、鎌倉に吹く風は一層涼やかになり、神無月を迎えます。


Data
シュウメイギク/秋明菊 (キンポウゲ科)
蕉雨庵  0467-22-8300 鎌倉市雪ノ下3-4-6
美鈴   0467-25-0364 鎌倉市小町3-3-13



by kamakura_mariko | 2011-09-25 23:30 | 鎌倉散歩

長塀山から蝶ヶ岳 赤い実

蝶ヶ岳


花期の終わった樹林帯の道を登りながら、赤い実たちと挨拶を交わします。陽に透ける小さな赤い実、なんて綺麗。


Maianthemum dilatatum
マイヅルソウ/舞鶴草 (ユリ科)


Chamaepericlymenum canadense
ゴゼンタチバナ/御前橘 (ミズキ科)


Smilacina japonicaTripterospermum japonicumRubus subcrataegifolius
Viburnum furcatumMalus sieboldii


花の名残を辿りながら歩く道。赤い実に教わった山の愉しみ。


HodakaHodaka


幻想的なブロッケン現象に魅了され、満足して小屋の中へ。何となく諦めきれず、もう一度小屋から走り出て見上げた空。
山では夕景を諦めてはいけない。ほんの一瞬でも雲が晴れることもあるのだから。山頂で教わった山の愉しみ。


Data

長塀山
マイヅルソウ/舞鶴草 (ユリ科)
ゴゼンタチバナ/御前橘 (ミズキ科)
ユキザサ/雪笹 (ユリ科)
ツルリンドウ/蔓竜胆 (リンドウ科)
ミヤマニガイチゴ/深山苦苺 (バラ科)

梓川の辺
ムシカリ (スイカズラ科) 別名: オオカメノキ/大亀の木
コナシ/小梨 (バラ科) 別名: ズミ/酢実   *コナシだけは少々自信がありません。もし違っているようでしたらご指摘ください。

穂高連峰 夕景 蝶ヶ岳山頂より
蝶ヶ岳山頂の様子は、こちら



by kamakura_mariko | 2011-09-24 23:30 | 山歩

蝶ヶ岳 ホテル徳澤園で朝食を

Flickr 蝶ヶ岳


9/23、台風一過、上高地から蝶ヶ岳へ。4:30am過ぎに沢渡に着き、バス乗り換え。この時点でダウンを着ないと寒くていられない。
9月とはいえ、下旬の山は10月を思わせる寒さ。歩きはじめたら脱げるように、Tシャツ、フリース、ダウン、ゴアテックスと衣を重ねます。
6:00am上高地着。明神に向かう道は、木漏れ日のなか、朝陽に向かって歩く道。


d0225257_1741651.jpg


朝の光あふれる徳澤園。平坦な道はここでおしまい。これから樹林帯を登り、長塀山をぬけて蝶ヶ岳で一泊。
ホテル徳澤園のレストラン、みちくさ食堂。上高地を6:00に出発し、徳澤園着7:30。この時間で普通に営業しているところが嬉しい。
温かい珈琲とトーストをかじり(気に入りました♪)、いよいよ山頂へ。


d0225257_1711713.jpg


長塀山の上りは想像以上に単調で、気分転換のない樹林帯の道が、蝶ヶ岳の山頂手前まで続きます。
蝶ヶ岳を再訪するなら燕岳や常念から登り、尾根道を十分に楽しんで、下りに長塀を選ぶだろうと思いながら一歩一歩。
とはいえ長塀をぬけて上がった尾根の美しさは、きつかった上りの記憶を忘れさせてくれます。記憶の消去にだまされて、また歩きたいと心新た。
山頂に立ち、ふと安曇野が気になって振り返ると、八ヶ岳から風に押されてきた霧に大きなブロッケン現象が映し出されました。
「わぁ!」山頂に響く歓声。紗幕のような霧の効果で、ブロッケンの虹が景色と重なるように浮かびます。こんな光景は、はじめて。
一度は諦めた夕景、いい予感がして再び西を仰ぐと先程までの雲が晴れて、夕暮れに染まる雲をまとった穂高が姿を現していました。


ChoyariBrocken spectre


翌朝、快晴。星の美しさもさることながら、360度の景色が素晴らしい蝶ヶ岳山頂。
5:00am前、安曇野の彼方が赤く染まり、目の前にそびえる穂高連邦や槍ヶ岳に紅が灯る。
5:30am頃、八ヶ岳の横から顔を出した太陽は雲海を照らし、富士山や南アルプス、中央アルプス、北の尾根の向こうまで照らしていきます。


El AmanecerEl AmanecerEl AmanecerEl AmanecerEl AmanecerEl Amanecer


大きな霜柱が何本もたつ山頂では、太陽のあたたかさが細胞に染みわたります。
蝶ヶ岳から蝶槍に向かう尾根道は、雄大な日本アルプスを前に、南アルプス、富士山、中央アルプスなどを一望できる絶好のビューポイント。
下りたくない、と思う気持ちをポケットにしまって、尾根を後に。下山する頃には、体はポカポカ。
最後の儀式、徳澤園のソフトクリームでクールダウン。体のほてりはとれても、山頂での興奮は冷めやらぬまま、上高地を後にしました。


ChoyariKappabashi


楽しかった一日…♪


Data
コース  上高地→明神→徳澤園→長塀山→蝶ヶ岳 (山頂ヒュッテ泊) 蝶ヶ岳→蝶槍→横尾→徳澤園→明神→上高地
蝶ヶ岳ヒュッテ  090-1056-3455 山小屋につき予約不要  *山頂はDocomoの携帯つながります (ヒュッテ内は電波届かず)
ホテル徳澤園  0263-95-2508 朝の珈琲とブルーベリージャムトーストが美味、ソフトクリームも♪  *徳澤園は圏外です (みちくさ食堂に公衆電話あり)
マユミ/檀 (ニシキギ科)



by kamakura_mariko | 2011-09-23 23:00 | 山歩

かけ橋

Yasunotaki -Yasu Fall-


朝、起きると、携帯にメールが入っていた。 "Happy Birthday♪ 台風のお散歩もステキだと思うの"
今週末、約束している友人からのメール。 しとしと雨降る誕生日の朝、私は3年前に一緒にみた安の滝の虹を思い出していた。

二人で一緒に歩くと、必ずといっていいほどご褒美と出逢う。
ある時は虹、ある時は夕焼け、ある時は紅葉に輝く山中のひだまり、ある時は陽に透けて輝く朝露、ある時は数年に一度の高山植物の群生。
"でもね、雨の日でも、霧で景色が見えなくても、そこにいる心地よさを胸いっぱいに吸い込んで満喫したいの"
強力な晴れ女のくせに、それがMayumiちゃんの口癖。

一眼レフを持って山を訪ねはじめたばかりの3年前、私は心のどこかで "晴れますように" といつも祈っていた。
ご褒美のような風景を目の当たりにするたび、夢中になってシャッターを切る。
そんな山歩きのおかげで、いくつかの思い出深い風景と縁することができた。
でも、山歩きを繰り返すうち、期待していなかった場所や身近なところで、小さなステキな風景を見つけたときの喜びは
景勝地で鮮やかな景色を切り取ったときの何倍も大きく膨らむことがある、と実感するようになった。

"台風のお散歩もステキだと思うの"
あれから3年、私も "本当にそうね" と心の底からこたえる。
身近な場所で見つけた小さなステキを、山の絶景と同じように丁寧に、大切に撮る。 今もまだその道のりの途中。

楽しむって、見つけること、気づくこと、知り親しむこと。blogを綴るときも、そのことを意識するようになった。
ささやかな "きっかけ" でありたい。心に残ったシーンに、役立ちそうな情報を添えて。意見はしない。やがてそれが自身のスタンスに。
3年間、毎月のように一緒に旅しながら、ときどき喧嘩もした(笑)。けっこう大人気なく思い切り喧嘩したことでさえ、カラカラと笑って思い出す。

台風15号はこのまま上がってくるのだろうか。これ以上大きな被害につながりませんように。
この週末、新しく記憶にのこる虹を見つけることができるだろうか。
虹ははかないと言う人がいる。たしかに虹は、条件や立ち位置によって見えたり見えなかったりする。
でも、虹がいなくなったわけではない。私がその条件を満たす場所に立てば、虹は再び現れる。そのかけ橋は、いつも私の足元にある。
しとしと雨降る誕生日、心の中に大きな虹がぐんぐん伸びてゆくような気がした。


Thanks♪
*コメントやメッセージをくださった皆さま
 とても嬉しかったです。ありがとうございました。^^
*思いがけないプレゼント
 誕生日おめでとう、とBossから栗のプレゼント。「10年1個ということで」って、5個。……Boss、5個は多いですよ!!たしかに4個じゃ足りませんけれど…(- -;)


Castanea



by kamakura_mariko | 2011-09-20 18:00 | Letters

宝戒寺 こぼれ萩

Homepage Top


Lespedeza nipponicaLespedeza thunbergiiLespedeza thunbergii


鶴岡八幡宮の鳥居をくぐらず右手にまっすぐ、北条家ゆかりの地に佇むお寺。萩寺として親しまれる宝戒寺には、紅白の花が咲き誇ります。
今週はまさに花盛り。少しすればこぼれ萩が、境内に白い絨毯、紅い絨毯をしきつめて。


d0225257_20565014.jpg


同じ頃、ほころびはじめる白花曼珠沙華。
還ろうとするハナトラノオ。実り色づくザクロ。奥まった境内が、色づき賑わう初秋のひととき。


Data
ニシキハギ/錦萩 (マメ科)
ミヤギノハギ/宮城野萩 (マメ科)
シロバナマンジュシャゲ/白花曼珠沙華 (ヒガンバナ科)
ハナトラノオ/花虎の尾 (シソ科)
ザクロ/柘榴 (ザクロ科)

宝戒寺  0467-22-5512 鎌倉市小町3丁目5-22
*蕉雨庵で味わう"こぼれ萩"は、こちら



by kamakura_mariko | 2011-09-19 21:00 | 鎌倉散歩

蕉雨庵 こぼれ萩と夜半の月

Homepage Top


ShoanShoan


夏休み明けの蕉雨庵へ。今週のお菓子は、瑞々しいこぼれ萩、しっとり味わい深い夜半の月。
9月中は、蕉雨庵特製おいしいかき氷もなさっています。巨峰も宇治金時も絶品♪


Data
蕉雨庵  0467-22-8300 鎌倉市雪の下3-4-6
*宝戒寺の目で楽しむ"こぼれ萩"は、こちら


Shoan



by kamakura_mariko | 2011-09-18 23:30 | 鎌倉散歩

紅一点 (ミズヒキとキンミズヒキ)

Homepage Top


Polygonum filiforme


キンミズヒキの中に、一筋の赤。紅一点。


Data
自然教育園   03-3441-7176 東京都港区白金台5-21-5
ミズヒキ/水引 (タデ科)
キンミズヒキ/金水引 (バラ科)



by kamakura_mariko | 2011-09-12 12:30 | 白金散歩

自然教育園 白金の森に咲くアザミ

Homepage Top



Cirsium tanakae


夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう
青空に残された 私の心は夏模様 

少年時代(井上陽水)



Cirsium tanakae


半年……無我夢中のうちに過ぎていった季節。東から吹く風。長月になって空高く浮かぶ入道雲。
自然教育園、白金の森のノアザミは、いつもと変わらない様子で咲いていました。


Data
自然教育園   03-3441-7176 東京都港区白金台5-21-5
ノハラアザミ/野原薊 (キク科)
ナガサキアゲハ/長崎揚羽 (鱗翅目アゲハチョウ科)



by kamakura_mariko | 2011-09-11 23:00 | 白金散歩

御岳山 レンゲショウマ

Homepage Top


始発で訪ねた御岳山。
7:30amには見晴台に到着。朝一番の群生地、人と行き交うことなく花の小道を歩きます。

Anemonopsis macrophyllad0225257_1343871.jpg


名残のレンゲショウマ。還りゆく前の花に宿る、淡い魅力。
肩の力が抜けた、すべてを受けとめよしとしたかのように見える花姿。花期は終焉を迎えていましたが、訪ねてよかったと改めて思いました。


Funicular


Data
レンゲショウマ/蓮華升麻 (キンポウゲ科)
御岳山ケーブルカー 570円 0428-78-8121 *Suica使用可
御岳駅→ケーブル下バス 270円 0428-83-2126



by kamakura_mariko | 2011-09-10 23:00 | 山歩

ふ た り

Agrimonia pilosa var. japonicaTypha angustataSanguisorba officinalis


ささやく、キンミズヒキ
寄り添う、ヒメガマ
ひとり立つ、ワレモコウ

それぞれに、So…(相/沿/副)


Data
自然教育園   03-3441-7176 東京都港区白金台5-21-5
キンミズヒキ/金水引 (バラ科)
ヒメガマ/姫蒲 (ガマ科)
ワレモコウ/吾亦紅 (バラ科)

*
ワレモコウの仲間
ナガボノアカワレモコウ/長穂の赤吾亦紅 (バラ科)


Sanguisorba tenuifolia var. purpurea



by kamakura_mariko | 2011-09-09 23:30 | 白金散歩

ABOUT

山本麻理子

生まれ育った鎌倉の風景

京都の格式にかなわず、
奈良の歴史に及ばない。
けれど
和洋折衷神さま仏さま、
様々なものを取り入れる好奇心と遊び心。生垣から緑あふれ、花がこぼれ咲く風景。"余地"があると思わせてくれる場所。ちょっと自由な空気。それが私の好きな鎌倉です。

Link
facebook
flickr
twitter

検索

カテゴリ

はじめまして
お知らせ
鎌倉散歩
白金散歩
山歩
旅風景
おでかけ
戴きもの
贈りもの
メイ
MyHouse
Letters
その他

タグ

(56)
(55)
(28)
(13)
(12)
(10)
(9)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 01月
2014年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧