<   2011年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

五島列島 ―1 福江島―

2泊3日で五島列島へ。
一度訪ねてみたかった、という両親と一緒ののんびり旅。
飛行機で羽田から長崎へ、空港からはバスで長崎港、島にはジェットフォイルで約2時間。
必然的に羽田からは早朝の便で向かうことになります。
前泊した羽田エクセル東急の客室から、空港の朝景。


Haneda Tokyu Hotel


初日は福江島へ。
奈良尾港からレンタカー(電気自動車)で島巡り。


MizunouraMizunoura churchMizunoura churchMizunoura churchMizunoura church


隠れキリシタンの砦だった島、
キリスト教の教会がそここに点在し
いつでも祈ることのできるよう24時間扉が開かれています。
教会は24時間ひらかれていますが、レストランやコンビニはありません。(^^;)
地元のスーパーでお弁当を買って、高浜を眺めながらランチ。
このビーチ、秘密の入り江のようでとても素敵でした。


TakahamaTakahama


七ツ岳の麓では、思いがけず小さな冒険。
壇ノ浦の合戦に敗れた平家七名の郎党が七嶽山麓で自決、
その御霊を氏神として祀った七嶽神社。
神社のある玉之浦町は、玉之浦椿の産地でもあります。
麓の荒川は、島の中でも仏教信仰が残る古い街。
世界遺産級の教会で知られる島の、異なる側面。


NanatsudakeNanatsudakeNanatake-jinjaNanatake-jinjaArakawa


夕食は、ホテル近くのやぐら寿司へ。
ノウソ(鱶の湯びき)で乾杯!
ヒラマサ、シビマグロ、鯛、鯵、ミズイカ、鯖…すべて地元で獲れるもの。
五島牛の刺身、黒鯛(メジナ)自家製干物。
地のモノづくし、一人3千円も食べればお腹がいっぱい。


YagurasushiYagurasushiYagurasushiYagurasushi


島をクルリと一巡りすると、ほぼ一日かかります。
福江城と歴史資料館に立ち寄れなかったのが心残りですが
欲張らず、ゆっくりまわることができてよかった。

風のように過ぎていった
畑仕事に励む島の方の姿、
実り穂を垂れる麦畑、
足湯で談笑する島の方たちの笑顔は、じんわりと心に焼きつく風景でした。


Data
カンパーナホテル
0959-72-8111
長崎県五島市東浜町1-1-1



by kamakura_mariko | 2011-05-14 23:30 | 旅風景

カモシカ

…加茂歯科です。


Kamoshika


少しの間、留守にいたします。
2泊3日で五島列島へ。行ってまいります。


Data
加茂歯科 /鎌倉市 小町大路



by kamakura_mariko | 2011-05-12 23:30 | その他

大巧寺 5月の花景 (トムネコゴで静かなひととき)

Daigyoji 大巧寺

雨ふりが続いています。
2009年の写真ですが
5月上旬、大巧寺に咲いていた花を振り返り、心の中で花散歩。


Mazus miquelii form. albiflorusRhaphiolepis umbellataRhododendronSparaxis tricolor


他の花の葉の陰で、瑞々しく咲き誇る花、
新しい花を咲かせながら、咲き終えた花がアンティークのように還る花、
五月の風と青空に、身をまかせるように揺れる花。


Mazus pumilusScilla peruvianaViburnum plicatum var. tomentosum


Yukinoshita 雪ノ下

小学校の校門を、清楚に彩る白いノイバラ。
最後は道草、トムネコゴへ。
ティースプーンに映る新緑、ブラインドごしの柔らかな光。
外ではいのちが芽吹いています。眩しいほどに、力強く。
ここではジャズが流れています。静かに、そっと心地よく。


Rosa multifloraRosa multifloraThomnecogoThomnecogoThomnecogo


Data

サギゴケ/鷺苔 (ゴマノハグサ科)
ベニバナシャリンバイ/紅花車輪梅 (バラ科)
シャクナゲ/石楠花 (ツツジ科)
スイセンアヤメ/水仙文目 (アヤメ科)
トキワハゼ/常盤はぜ (ゴマノハグサ科)
オオツルボ/大蔓穂 (ユリ科)
ヤブデマリ/藪手毬 (スイカズラ科)

大巧寺
0467-22-0639
鎌倉市小町1丁目9-28

ナニワイバラ/難波薔薇 (バラ科) *清泉小学校校門

トムネコゴ
0467-23-7947
鎌倉市二階堂27-12



by kamakura_mariko | 2011-05-11 23:30 | 鎌倉散歩

横須賀中央 竹寿司

仕事帰りに、竹寿司へ。
ここまで来るタイミング、ずっと逸していました。
お元気そうな大将と女将さんの笑顔に、ホッと一安心。
最初の一品、コハダのおいしさに、しばし無言。
カレイ(鰈)、スズキ(鱸)、キスと、極上の白身を堪能。
アオリイカも旨味が凝縮しています。


TakezushiTakezushiTakezushiTakezushiTakezushiTakezushi


ミネラルたっぷりのとり貝、こんなとり貝はなかなかいただけません。
アカガイ(赤貝)、ニハマグリ(煮蛤)、貝がこんなにおいしかったなんて。
貴重なホタテガイ(帆立貝)は、引き締まっているのにとろけていく。
穴子の身のやわらかさ、タレの加減の程よさ。


TakezushiTakezushiTakezushiTakezushiTakezushiTakezushi


車海老のしゃぶしゃぶ、ぷりぷりの食感。
大間鮪の赤身、赤身肉の深い味わい。
大将の仕事に応えるように
女将さん特製、おいしい茶碗蒸しとお吸い物に舌鼓。


TakezushiTakezushiTakezushiTakezushiTakezushiTakezushi


久しぶりの訪問。
おいしくて、気持ちがよくて、来てよかったと心から思えるお店。
「このお寿司、都内でいただいたら倍ですよね」と、一同目をぱちくり。

「できる限り地のものを、と思っているけれど
いつも極上のネタがあるとは限らないんだよ」
通いはじめた頃、そう仰っていた大将。
突然、「今から行きます」と連絡を入れると、
「東京からわざわざ来るんだったら、今日はダメだよ」
と断られたことも。^^;
生ものを扱う難しさを知り尽くし、生ものと真摯に向き合う姿勢。

ネタの仕入れにこだわり、完成度の高い仕事をなさるご主人、
事前に予約を入れて大将の仕事を堪能する、がおすすめです。


Data

竹寿司
0468-22-1119
横須賀市若松町1-2



by kamakura_mariko | 2011-05-10 23:30 | おでかけ

英勝寺 フジの花 (KAYA gallery のほほん毎日・個展開催中)

Eishoji 英勝寺

連休はじめの風景。
英勝寺のヤマブキ、花盛り。今はおそらく、名残の姿。
七重八重 花は咲けども 山吹の みのひとつだに なきぞあやしき
(兼明親王)


Kerria japonicaKerria japonicaEishoji


英勝寺の奥、竹林の隣にあるシラフジの藤棚、
この日は咲きはじめでしたが、今まさに満開。
藤棚の下の縁側で、ゆっくりしたくなる気持ち、わかります。


Wisteria floribundaWisteria floribundaRhodotypos scandens


陽ざしが眩しい季節、
小路に咲く白い花も、輝きをまして賑わう。


Matricaria chamomillaSpiraea cantoniensisViburnum plicatum f. plicatum


KAYA gallery のほほん毎日

昨日(5/8)からはじまった、のほほん毎日の個展。
訪ねてみると、すぐに入れないほど賑わっていました。
手拭いの愛らしさはもちろん、
原画はいっそうぬくもりが感じられて、会場内を歩く足もゆっくりに。
ファンの方(犬?)も、熱心に記念撮影。^^
妙本寺の参道、いつになく柴犬のお散歩が多かったようです。
影山直美さんの個展、5/11まで >>>*blog*


KAYA galleryKAYA galleryKAYA gallery


Data

ヤマブキ/山吹 (バラ科)
ノダフジ/野田藤 (マメ科) *白花
シロヤマブキ/白山吹 (バラ科)

英勝寺
0467-22-3534
鎌倉市扇ガ谷1丁目16-3

カミツレ (キク科) *カモミール
コデマリ/小手毬 (バラ科)
オオデマリ/大手毬 (スイカズラ科) *日本原産のヤブデマリの園芸品種

KAYA gallery
影山直美さんの個展 >>>*blog*



by kamakura_mariko | 2011-05-09 23:30 | 鎌倉散歩

鶴岡八幡宮 フジの花 (蕉雨庵でお茶を)

Hachimangu 鶴岡八幡宮

よく晴れた連休最後の日曜日。
鶴岡八幡宮、満開のフジの花の下で、のんびりひと休み。
少し暑い日、ハゴロモジャスミンの花の白さで涼みます。


Wisteria floribundaWisteria floribundaJasminum polyanthum


雪ノ下の住宅街、裏道を歩いていたら
ツリバナが風に揺れていました。
こんなところに咲いていたなんて。実のつく頃が楽しみ。


Euonymus oxyphyllusEuonymus oxyphyllus


Shoan 蕉雨庵

暑い陽ざしを避けるように、蕉雨庵へ。
瑞々しいきんとんの岩根つつじ、カキツバタを象った唐衣、
しっとりした上生菓子とお抹茶で、暑さがすぅっと引いていきます。

唐衣 着つつなれにし 妻しあれば はるばる来ぬる 旅をしぞ思ふ
(在原業平)

か(唐衣)・き(着つつ)・つ(妻)・ば(はるばる)・た(旅)
歌を詠んだ古人のセンスと教養の高さに脱帽。


shoanshoanshoanshoan


閉店間際の特等席、
ロールカーテンを下ろすと影絵が浮かび上がりました。
こんな風に夕陽を楽しむなんて、蕉雨庵さんらしい。

入口のマロニエも満開、
4月は桜の特等席になっていた窓辺で、ツリバナが揺れていました。


Aesculus hippocastanumEuonymus oxyphyllus


Data

ノダフジ/野田藤 (マメ科)

鶴岡八幡宮
0467-22-0315
鎌倉市雪ノ下2丁目1-31

ハゴロモジャスミン/羽衣ジャスミン (モクセイ科)
ツリバナ/吊花 (ニシキギ科)

マロニエ (トチノキ科)
ツリバナ/吊花 (ニシキギ科)

蕉雨庵
0467-22-8300
鎌倉市雪の下3-4-6



by kamakura_mariko | 2011-05-08 23:30 | 鎌倉散歩

鎌倉宮(大塔宮) Pray for Japan

東日本大震災 万灯追善供養・復興祈願祭
鎌倉宮にて


pray for japanpray for japanpray for japanpray for japanpray for japanpray for japan


Data

鎌倉宮(大塔宮)
0467-22-0318
鎌倉市二階堂154



by kamakura_mariko | 2011-05-07 23:30 | 鎌倉散歩

大巧寺 安産腹帯守授与所の前に咲く花

おんめさまの名で親しまれる大巧寺。
安産腹帯守授与所の前にも、小さな花が咲いています。
実の姿がユニークなミッキーマウスの木。花のうちは想像がつかない実の姿。
鋭いトゲが蟻をも刺し通す、アリドオシ。"千両、万両、有り通し"、お正月の縁起物。
トウダイグサ科のユーフォルビア。刺繍のような花の姿が見事です。
安産祈願に訪れる人々を、見守るように咲く花々。


Mickey Mouse plantMickey Mouse plantDamnacanthus indicusEuphorbia x martiniiEuphorbia x martinii


Data

オクナ・セルラタ (オクナ科) *ミッキーマウスの木
アリドオシ/蟻通 (アカネ科)
ユーフォルビア・マルティニ/マーチニー (トウダイグサ科)

大巧寺
0467-22-0639
鎌倉市小町1丁目9-28



by kamakura_mariko | 2011-05-06 23:30 | 鎌倉散歩

BBQ (差し入れはBergfeld)

自宅の庭につくったテラスで、はじめてのBBQ。
スペアリブ、牛肉など、食材は遠くからリーズナブルに調達。
ソーセージは、近所のAlterStadt/アルトシュタットで。
鯉のぼりのクッキー、フルーツなど、デザートも準備OK。


MyHouseMyHouseMyHouse


そこへ、近所の方から嬉しい差し入れ。
Bergfeld/ベルグフェルドのシュークリーム♪
BBQのために買ったドイツハム・ソーセージのAlterStadtと、
シュークリームをいただいたドイツパンとドイツ菓子のBergfeldは、
お店が2つ並んでいます。
偶然にもテラスのテーブルの上で、AlterStadt と Bergfeld が並びました。


BergfeldBergfeld


ハルジオン咲く庭の片隅、ふと見ると、セリバヒエンソウが咲いています。
庭につくった小さなテラス、梅雨になるまでの少しの間、大いに活躍しそうです。


Erigeron philadelphicusDelphinium anthriscifolium


Date

ハルジオン/春紫苑 (キク科)
セリバヒエンソウ/芹葉飛燕草 (キンポウゲ科)

ベルグフェルド
0467-24-2706
鎌倉市雪ノ下3-9-24

アルトシュタット
0467-22-6181
鎌倉市雪ノ下3-9-24



by kamakura_mariko | 2011-05-05 23:30 | MyHouse

御成町へ (鎌倉珈琲香房)

Hugh Dickson

毎年この時期にいただく、香りの贈り物。
長い間、バラの香りは苦手、と思ってきた私の価値観を、覆したバラ。
丹精こめて育てられたオールドローズのヒューデクソン、
部屋に飾ったり、お風呂に入れたり。甘い香りが記憶の彼方をくすぐります。


Hugh DicksonHugh DicksonHugh Dickson


鎌倉珈琲香房

明日は親戚が集まる日。
おいしい珈琲を煎れるために、御成町の鎌倉珈琲香房へ。
御成り通りを由比ヶ浜の方へ、
コバンソウの揺れる橋を渡れば、そこがお店。


Briza maximaBriza maxima_DSC4913_DSC4920


帰りみち、宝戒寺のアヤメの花に菖蒲湯を思い出す。
明日はいよいよ子どもの日、メイたちとBBQ。
バラの香りからはじまって、香りの支度を重ねた日。


Iridaceae


Data

Hugh Dickson バラ/薔薇 (バラ科)
コバンソウ/小判草 (イネ科)
Iridaceae (アヤメ科) *品種名不明

鎌倉珈琲香房
0467-22-4141
鎌倉市御成町20-8

宝戒寺
0467-22-5512
鎌倉市小町3丁目5-22



by kamakura_mariko | 2011-05-04 23:30 | 鎌倉散歩

ABOUT

山本麻理子

生まれ育った鎌倉の風景

京都の格式にかなわず、
奈良の歴史に及ばない。
けれど
和洋折衷神さま仏さま、
様々なものを取り入れる好奇心と遊び心。生垣から緑あふれ、花がこぼれ咲く風景。"余地"があると思わせてくれる場所。ちょっと自由な空気。それが私の好きな鎌倉です。

Link
facebook
flickr
twitter

検索

カテゴリ

はじめまして
お知らせ
鎌倉散歩
白金散歩
山歩
旅風景
おでかけ
戴きもの
贈りもの
メイ
MyHouse
Letters
その他

タグ

(56)
(55)
(28)
(13)
(12)
(10)
(9)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 01月
2014年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧