カテゴリ:鎌倉散歩( 96 )

東と西、大好きな栗きんとん (鎌倉・蕉雨庵、京都・嘯月)

はじめて蕉雨庵を訪ねたのは、2005年11月。

京都の上生菓子に夢中になっていた当時、生風庵さん(2007年閉店)や松屋常盤さんの瑞々しいきんとんの虜になり、
塩芳軒の「白(白小倉)」と「黒(黒きんとん)」 で、口の中いっぱいに広がる白小豆の魅力を知り、
紫野源水さんの雛菓子や飴細工の繊細さ、春告鳥のおいしさ、美しさに心躍らせていました。
まさか、関東で京の風を感じる瑞々しいきんとんをいただくことができるなんて。それが6年前の晩秋、蕉雨庵との出逢い。
以来、毎年10月に蕉雨庵の栗きんとんをいただくのは、季節の慣わしとなりました。
今年は栗が少なかったそうですが、風味はたっぷり。薄紫にさらされた餡との絶妙なバランス、心ゆくまで堪能♪
東の大好きな栗きんとん。蕉雨庵の栗きんとんは、今日でおしまい。また来年が楽しみです。


ShoanEuonymus oxyphyllusShoan


西の栗きんとん。紅葉した楓の下で、嘯月さんの栗きんとんを頬ばったしあわせな思い出。こちらも衝撃の出逢いでした。
この栗きんとんを味わうためだけに、京都に行きたいほど大好きな逸品。(と言いつつ、行ったらいろいろ食べるけれど)
嘯月の栗きんとんは、今がちょうど季節。11月初旬までは作ってくださるようですが、今年は食べられるかな……。
繊細でふくよかな、栗の余韻がつまった栗きんとん。お取り寄せはできませぬ。う~ん…食べに行きたい。。。


d0225257_19165075.jpg


Data
蕉雨庵  0467-22-8300  鎌倉市雪ノ下3-4-6
ツリバナ/吊花 (ニシキギ科) *蕉雨庵

嘯月  075-491-2464  京都市北区紫野上柳町6
イロハモミジ/いろは紅葉 (カエデ科) *龍安寺



by kamakura_mariko | 2011-10-15 23:00 | 鎌倉散歩

石見焼を買いに  お土産はCALVA(カルヴァ)のパン

Boulangerie & Patisserie CALVABoulangerie & Patisserie CALVA


島根でお世話になった方が、石見焼の出展で鎌倉へいらっしゃると嬉しい知らせ。
滞在中に軽く召し上がっていただけるよう、CALVA(カルヴァ)でタルトタタンとイチジクのタルトを購入し、紀ノ国屋鎌倉店へ。
サラッと書きましたが、CALVAのパンは、とてもとても美味しい。私は大好き。 店内にはブーランジュリーとパティスリーが
併設されています。私の心を鷲づかみにしているのは、ブーランジュリー。ひとたびCALVAの調理パンを味わってしまうと、
大船駅での途中下車をいとわなくなります。この日も鎌倉駅から大船駅へ行き、パンを買って再び鎌倉駅へ。(^^;)


IwamiyakiIwamiyakisquid


紀ノ国屋に入ると、左手のサービスカウンター横で石見焼が展示されていました。
綺麗な色に惹かれて、ぐい呑み衝動買い。青から紫のグラデーション、雪舟窯さんの器はどこか繊細で心に灯がともります。
石州瓦やはんどうと呼ばれる大きな水がめで栄えた石見の焼き物は、窯元に職人の誇りがあり、丈夫で手軽なものが多く、
私のようなものでも手が出せる嬉しいラインナップ。各窯元の作品を前に、登り窯や手しごとについて伺い、楽しいひととき。

週明け、オフィスに出勤すると、Bossから島根のおすそ分け。
石見の隣町、浜田産シロイカの一夜干し。おいしい♪ 次回は、肴に合うお皿がほしいな、と思いながらゆっくりと味わって。
人に魅力、食は日本海、文化に興味。 行ってみたい場所がまた1つ増えました。来年は行けるといいな、江津。



Data
CALVA(カルヴァ) 0467-45-6260 鎌倉市大船1-12-18エミールビル1F
石見焼  島根県江津市 Homepage
日本橋島根館  石見焼の陶芸教室 2011年10/13~10/18 calendar  03-5201-3310 中央区日本橋室町1-5-3福島ビル1F



by kamakura_mariko | 2011-10-09 22:30 | 鎌倉散歩

キンモクセイの香り 荏柄天神/絵筆塚祭 鎌倉宮/薪能

庭の樹も、近所に佇む大きな樹も、今年は沢山花をつけたキンモクセイ。甘い香りが一雨ごとに和らぎ、残り香となった頃。


Osmanthus fragrans var. aurantiacusOsmanthus fragrans var. aurantiacus


御燗がおいしい季節、到来。


MinemotoMinemotoMinemoto


帰り道、調子のいいお囃子の響きに誘われて、荏柄天神へ。絵筆塚祭の灯篭が参道を照らします。
突き当たり、鎌倉宮には薪能の提灯。神無月、連休初日。月明かりも霞むほどに、明るく賑やかな夜でした。


Egara tenjinEgara tenjinKamakura gu
d0225257_3121785.jpg


Data
キンモクセイ/金木犀 (モクセイ科)
荏柄天神社 0467-25-1772 鎌倉市二階堂74  10月 絵筆塚祭
鎌倉宮   0467-22-0318 鎌倉市二階堂154  10月 薪能



by kamakura_mariko | 2011-10-08 23:30 | 鎌倉散歩

長月の鎌倉 蕉雨庵と美鈴の和菓子

Anemone japonica


シュウメイギクが大巧寺で風に揺れていた9月。おいしい和菓子も花盛りでした。


ShoanShoan


蕉雨庵、雁ケ音。しっとりとした味わいがおいしい、大好きなお菓子の一つです。
(雁の絵柄からふんわりと香るシナモンがアクセント、たまりません)


MisuzuMisuzu


美鈴、9月のお菓子は流鏑馬。テイクアウトのみ。毎年必ず家族で味わう一品。
これらのお菓子が終わる頃、鎌倉に吹く風は一層涼やかになり、神無月を迎えます。


Data
シュウメイギク/秋明菊 (キンポウゲ科)
蕉雨庵  0467-22-8300 鎌倉市雪ノ下3-4-6
美鈴   0467-25-0364 鎌倉市小町3-3-13



by kamakura_mariko | 2011-09-25 23:30 | 鎌倉散歩

宝戒寺 こぼれ萩

Homepage Top


Lespedeza nipponicaLespedeza thunbergiiLespedeza thunbergii


鶴岡八幡宮の鳥居をくぐらず右手にまっすぐ、北条家ゆかりの地に佇むお寺。萩寺として親しまれる宝戒寺には、紅白の花が咲き誇ります。
今週はまさに花盛り。少しすればこぼれ萩が、境内に白い絨毯、紅い絨毯をしきつめて。


d0225257_20565014.jpg


同じ頃、ほころびはじめる白花曼珠沙華。
還ろうとするハナトラノオ。実り色づくザクロ。奥まった境内が、色づき賑わう初秋のひととき。


Data
ニシキハギ/錦萩 (マメ科)
ミヤギノハギ/宮城野萩 (マメ科)
シロバナマンジュシャゲ/白花曼珠沙華 (ヒガンバナ科)
ハナトラノオ/花虎の尾 (シソ科)
ザクロ/柘榴 (ザクロ科)

宝戒寺  0467-22-5512 鎌倉市小町3丁目5-22
*蕉雨庵で味わう"こぼれ萩"は、こちら



by kamakura_mariko | 2011-09-19 21:00 | 鎌倉散歩

蕉雨庵 こぼれ萩と夜半の月

Homepage Top


ShoanShoan


夏休み明けの蕉雨庵へ。今週のお菓子は、瑞々しいこぼれ萩、しっとり味わい深い夜半の月。
9月中は、蕉雨庵特製おいしいかき氷もなさっています。巨峰も宇治金時も絶品♪


Data
蕉雨庵  0467-22-8300 鎌倉市雪の下3-4-6
*宝戒寺の目で楽しむ"こぼれ萩"は、こちら


Shoan



by kamakura_mariko | 2011-09-18 23:30 | 鎌倉散歩

長谷 フウセンカズラ (鎌倉のおいしいフレンチ ete 定例会の前に)

EnoshimaCardiospermum halicacabumCardiospermum halicacabumCardiospermum halicacabum


お盆を過ぎた鎌倉。夏の終わりの熱い空気が、七里ガ浜の海からゆっくりと昇っていきます。その向こうに霞む江ノ島。
長谷の住宅街では、風にゆれるフウセンカズラ。そろそろ定例会の時間、由比ガ浜へと急ぎます。


d0225257_1714567.jpg


etcetc


etcetcetcetcetcetc

お友だちとの定例会も、ちゃんとしたフレンチも久しぶり。
ete、この1回で大好きなお店となりました。味もサービスも、店構えもシェフの仕事ぶりも、すべて。 細やかな仕事、
デセールのおいしさ、フレンチって素晴らしい、と改めて魔法にかかってしまう。このクオリティで5,000円とは良心的。
特にお肉の扱いが見事、この日は2人で鴨をオーダー。フォアグラやジビエを堪能したいお店です。

鎌倉のお友だちと2人で食す定例会。久しぶりでお喋りも楽しみにしていたのに、あまりにも美味しくて
食べることに夢中になってしまい、ゆっくり話すのはまた今度。(笑) いろいろあるご時世ですが、こういうきちんとした
仕事をするお店は賑わっていて欲しい。私の中では蕉雨庵同様、鎌倉に出店してくださってありがとうございます、と
感謝したくなるお店でした。


Data
フウセンカズラ/風船葛 (ムクロジ科)
ete   HP 0467-84-8114 鎌倉市由比ガ浜2-7-20山口ビル1F



by kamakura_mariko | 2011-08-30 18:00 | 鎌倉散歩

北鎌倉 東慶寺 (口悦でランチ、喫茶ミンカでお茶)

お散歩する気分になれないような暑さが続いた今年の8月。夏の花の様子が気になって、東慶寺へ。


Ageratum conyzoidesLagerstroemia indicaTricyrtis hirta


強い陽射しの下ではゆっくりすることができません。^^;
早々に退散し、口悦でランチ。おいしい赤出汁に、ホッとひと息。


d0225257_1641311.jpg


デザートは、喫茶ミンカで。水出しコーヒーと中央アジアからやってきたブレスレット、のんびり楽しむテラス席。


d0225257_1753956.jpg


北鎌倉には、寄り道したくなるところがいっぱい。


Data
東慶寺   0467-22-1663 鎌倉市山ノ内1367
カッコウアザミ/霍香薊 (キク科)
サルスベリ/百日紅 (ミソハギ科)
ホトトギス/杜鵑 (ユリ科)

かまくら口悦   0467-25-6015 鎌倉市山ノ内400

喫茶ミンカ   0467-50-0221 鎌倉市山ノ内377-2
センニチコウ/千日紅 (ヒユ科)



by kamakura_mariko | 2011-08-13 23:30 | 鎌倉散歩

光明寺 古代蓮 花過ぎて

Nelumbo nuciferaNelumbo nuciferaKomyoji


花盛りを過ぎた蓮の池は驚くほど静かで、誰もいない。ありし日の花たちは、種を携えてまっすぐ宙(そら)を見あげる。
その隙間に、目覚めるように咲く古代蓮。季節は過ぎたというのに、どこか初々しい。
朝の静寂が夏の強い陽ざしに変わり、帽子をかぶった人が参拝に訪れる。にぎやかに響く蝉の声、先程までの風景は夢のよう。参道に戻ると、いつもと同じ朝。


Data
光明寺 HP (天照山蓮華院光明寺)   0467-22-0603 鎌倉市材木座6-17-19



by kamakura_mariko | 2011-08-08 23:30 | 鎌倉散歩

郵便ポスト 夏休み前の風景 (蕉雨庵裏メニュー)

雪ノ下の住宅街にある郵便ポスト。存在感のある赤いポスト。


mailboxmailboxmailbox


赤いポストからまっすぐ、付属小学校へ。校庭に沿って歩き、正門斜向かいにあるお店が蕉雨庵。
7/21~7/31まで、yokoさん製特別メニューでランチ営業が行われていました。


ShoanShoanShoanShoanShoan
Shoan


いつもなら女将さんの上生菓子と抹茶で、この日はレモンツリーのハーブティーで、ホッとひと息。
蕉雨庵の夏休み、9/7(水)まで。9/8(木)から、通常営業。


Data

蕉雨庵
0467-22-8300
鎌倉市雪の下3-4-6
*8/1~9/7 夏休み



by kamakura_mariko | 2011-08-01 23:00 | 鎌倉散歩

ABOUT

山本麻理子

生まれ育った鎌倉の風景

京都の格式にかなわず、
奈良の歴史に及ばない。
けれど
和洋折衷神さま仏さま、
様々なものを取り入れる好奇心と遊び心。生垣から緑あふれ、花がこぼれ咲く風景。"余地"があると思わせてくれる場所。ちょっと自由な空気。それが私の好きな鎌倉です。

Link
facebook
flickr
twitter

検索

カテゴリ

はじめまして
お知らせ
鎌倉散歩
白金散歩
山歩
旅風景
おでかけ
戴きもの
贈りもの
メイ
MyHouse
Letters
その他

タグ

(56)
(55)
(28)
(13)
(12)
(10)
(9)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 01月
2014年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧