カテゴリ:贈りもの( 1 )

和菓子の椿  巣鴨 福島家の寒椿  奈良 御菓子司なかにしの南無観椿

とてもお世話になっている方が入院なさったと聞き、福島家の上生菓子を持ってお見舞いへ。
花の少なくなる11月、ツワブキやリンドウ過ぎて、街を彩りはじめるカンツバキとサザンカの花。
この時期になると、福島家のショーケースには、寒椿、山茶花、詫助、それぞれの姿を象った上生菓子が並びます。
実際の花よりふっくらと、淡い色で仕立てられていますが、しっかり形をつくるところに江戸の和菓子らしい美しさが感じられて、好き。


FukushimayaCamellia japonicaFukushimayaFukushimaya


私にとって、最初に出逢った椿の和菓子は、奈良にある御菓子司なかにしの南無観椿でした。
奈良では1月に若草山の山焼き、2月の節分では元興寺の柴燈護摩会(火渡り)、3月は東大寺二月堂のお水取りでお松明が焚かれます。
厳寒期に火を焚き、厄を祓い、新しい年の平和と安泰を祈る。1月、2月、3月と続く奈良の火の祭りは、荘厳で見ごたえのあるものばかり。
3月のお水取りで、本尊に捧げられる椿の造花を象ったお菓子が南無観椿。1月の若草山の山焼きに行った時、既にお店に並んでいました。
赤い花びら3枚の南無観椿は、芯に黄身餡を使用。練行衆に敬意を表し、動物性素材不使用、白い花びら3枚の満願椿も作られています。

南無観椿の素朴で愛らしい花姿。抽象的に表現することの多い京都の和菓子、きっちり形づくる江戸の和菓子と、また違う味わいがあります。
万葉の大らかさを思い出させる姿が、深く心に刻まれて。この和菓子をいただいて、お水取りが終わる頃、山や里には桜の季節が訪れます。


d0225257_1331277.jpg


Data
福島家   03-3918-3330 豊島区巣鴨2-1-1
御菓子司なかにし   0742-24-3048 奈良県奈良市脇戸町23

*山焼き前の若草山



by kamakura_mariko | 2011-11-30 23:00 | 贈りもの

ABOUT

山本麻理子

生まれ育った鎌倉の風景

京都の格式にかなわず、
奈良の歴史に及ばない。
けれど
和洋折衷神さま仏さま、
様々なものを取り入れる好奇心と遊び心。生垣から緑あふれ、花がこぼれ咲く風景。"余地"があると思わせてくれる場所。ちょっと自由な空気。それが私の好きな鎌倉です。

Link
facebook
flickr
twitter

検索

カテゴリ

はじめまして
お知らせ
鎌倉散歩
白金散歩
山歩
旅風景
おでかけ
戴きもの
贈りもの
メイ
MyHouse
Letters
その他

タグ

(56)
(55)
(28)
(13)
(12)
(10)
(9)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 01月
2014年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧