大巧寺 リキュウバイ

大巧寺リキュウバイ、満開。
連なる蕾がすべて開き、空へ、空へと咲き誇ります。
本堂の横が白く眩しい。 ―photo 2011/3/27 二分咲きの頃―


pearlbrush 3pearlbrush 1pearlbrush 2


サギゴケも満開。
梅雨を迎えるまで、大巧寺の境内から目を離すことができません。
この季節は1週間で、境内の花の様子が次々と変わります。




鎌倉を離れ、仕事帰りに浅草へ。
蒲焼の色川、醤油系さっぱりダレが好みのど真ん中。
味も雰囲気も好みが分かれるかもしれないけれど、私は好き。
初めてにして、はまりました。
今度はカウンターで食してみたい。


Irokawa 1Irokawa 2


「せっかく浅草まで来たから…」
と、両国、江戸蕎麦ほそ川へ寄り道。
店内撮影禁止のため、写真は以前、撮影したもの。
牡蠣蕎麦は冬のメニュー。本日いただいたのは、せいろ。
(鰻重の後に牡蠣蕎麦はムリ… ^^;)
せいろがこんなに美味しいなんて!と、
田舎蕎麦好きだった私の価値観が、クルリと変わったお店。
デザートもお蕎麦屋さんの域を超えています。
いちごのソース、極うま♪


Hosokawa 2hosokawa 1


江戸っ子老舗、色川。
完成度の高い、ほそ川。
どちらも予約で埋まる人気店ですが
金曜日の夜とは思えない静かな店内。
三社祭りも、自粛ということだけではなく
警備の警察官不足で開催できないのだといいます。
様々な要因、思いがけない連鎖。

日常を取り戻すまでの時間。
連なり空に向かうリキュウバイの花から
日々のあり方を教えられたような気がしました。


Data
リキュウバイ/利休梅 (バラ科)

大巧寺
0467-22-0639
鎌倉市小町1丁目9-28

蒲焼 色川
03-3844-1187
東京都台東区雷門2-6-11

江戸蕎麦 ほそ川
03-3626-1125
京都墨田区亀沢1丁目6-5



by kamakura_mariko | 2011-04-15 23:30 | 鎌倉散歩

ABOUT

山本麻理子

生まれ育った鎌倉の風景

京都の格式にかなわず、
奈良の歴史に及ばない。
けれど
和洋折衷神さま仏さま、
様々なものを取り入れる好奇心と遊び心。生垣から緑あふれ、花がこぼれ咲く風景。"余地"があると思わせてくれる場所。ちょっと自由な空気。それが私の好きな鎌倉です。

Link
facebook
flickr
twitter

検索

カテゴリ

はじめまして
お知らせ
鎌倉散歩
白金散歩
山歩
旅風景
おでかけ
戴きもの
贈りもの
メイ
MyHouse
Letters
その他

タグ

(56)
(55)
(28)
(13)
(12)
(10)
(9)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 01月
2014年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧