光則寺 ユキワリソウ

Primula modesta 4


Primula modesta 2Primula modesta 3Primula modesta 1

* click *


光則寺の山門をくぐって右手奥、植込みの方へ。
いま満開のミツマタの方向ではなく、蕾膨らむカイドウの方向でもない。
すたすた歩くお目当ては、
足元の植木鉢で咲き誇る、ユキワリソウ(雪割草)。
この花も春の訪れを告げるSpring Ephemeralのひとつ。

雪の残る山中でこの花を見つけたら、どんな気持ちになるだろう。

山に咲く花の姿が大好きで、
咲いている場所の陽あたりや、風の強さを感じながら歩きたくて、
山歩き、森歩きがいつの間にか趣味になりました。
自生する花との出逢いはいつも思いがけず、驚きを伴う喜びは深く心に残ります。
でも、人が植えて手をかけて、育てた花のみせる表情、立ち姿。

「自然、自然と言うけれど、多くの山は昔から人の手が入ることで育まれたもの」
そんな言葉を思い出しながら、植木鉢の中の早春の
いのちの輝きにしばし圧倒。


限りある中でたのしむ、限りあることを楽しむ。
この日のユキワリソウは、そんなことを教えてくれたような気がしました。


*4/1 たのしい嘘をつきたかったけれど、思いつかない…残念。*


Data
ユキワリソウ/雪割草 ミスミソウ/三角草 (キンポウゲ科)

光則寺
0467-22-2077
鎌倉市長谷3-9-7



by kamakura_mariko | 2011-04-01 09:30 | 鎌倉散歩

ABOUT

山本麻理子

生まれ育った鎌倉の風景

京都の格式にかなわず、
奈良の歴史に及ばない。
けれど
和洋折衷神さま仏さま、
様々なものを取り入れる好奇心と遊び心。生垣から緑あふれ、花がこぼれ咲く風景。"余地"があると思わせてくれる場所。ちょっと自由な空気。それが私の好きな鎌倉です。

Link
facebook
flickr
twitter

検索

カテゴリ

はじめまして
お知らせ
鎌倉散歩
白金散歩
山歩
旅風景
おでかけ
戴きもの
贈りもの
メイ
MyHouse
Letters
その他

タグ

(56)
(55)
(28)
(13)
(12)
(10)
(9)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 01月
2014年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧