覚園寺 Spring ephemeral

d0225257_22301276.jpg


まだ、早春の花々(Spring ephemeral)に逢えるかもしれない、そう思って覚園寺へ。
大塔ノ宮(鎌倉宮)の横、覚園寺への一本道は、風情ある佇まいの続く道。
最初に出迎えてくれたのは、シデコブシの花。


d0225257_22332739.jpg


カエデの若葉、この時期に必ずつける赤いリボン。


d0225257_22423835.jpg


この通りにあるイタリアンレストラン(LA PORTA)については、また別の機会に♪
おいしそうな誘惑をくぐり抜け、モクレンの花を通り過ぎると、覚園寺へ到着。


d0225257_2245564.jpg


やっぱり咲いていました(^^) ニリンソウ。


d0225257_2249239.jpg


庭の奥では思いがけず、ショウジョウバカマも。
ミスミソウは一足先に還っていました。来年はもう少しはやくこよう。


d0225257_2253237.jpg


愛染堂のすぐ横で、ミツマタがお祭りの雪洞のように輝きます。


d0225257_22553097.jpg


愛染堂の奥には、鎌倉最古といわれる茅葺屋根の薬師堂、木造の仏像の数々。
1時間に1回、拝観ツアーがあり、鎌倉の中世を味わうことができます。
が、震災の関係で、現在は洞窟には入らず、30分ツアーを行っているそうです。
(30分で時間半分につき、拝観料も半分なのだとか)


d0225257_2365346.jpg


山門の外に出ると、お向かいさんのハクモクレン、今年も満開。
白い花に陽がさして、灯をともしたロウソクのよう。


d0225257_23114674.jpg


カエデが美しく、山野草が咲く覚園寺。
小さなせせらぎの続く道は、垣根越しの花木が美しい。
ラ・ポルタに立ち寄れば、おいしい食事でみたされる。
早春に歩くこの道には、楽しい記憶がいっぱい。

新緑の色が鮮やかになったら、また行こうと思います。
今度は必ず… ラ・ポルタでランチ♪



シデコブシ/幣辛夷・四手拳 (モクレン科)
ニリンソウ/二輪草 (キンポウゲ科)
ショウジョウバカマ/猩々袴 (ユリ科)
ハクモクレン/白木蓮 (モクレン科)

覚園寺
0467-22-1195
鎌倉市二階堂421
*拝観ツアーは有料、念のため事前にお問い合わせください



by kamakura_mariko | 2011-03-26 22:30 | 鎌倉散歩

ABOUT

山本麻理子

生まれ育った鎌倉の風景

京都の格式にかなわず、
奈良の歴史に及ばない。
けれど
和洋折衷神さま仏さま、
様々なものを取り入れる好奇心と遊び心。生垣から緑あふれ、花がこぼれ咲く風景。"余地"があると思わせてくれる場所。ちょっと自由な空気。それが私の好きな鎌倉です。

Link
facebook
flickr
twitter

検索

カテゴリ

はじめまして
お知らせ
鎌倉散歩
白金散歩
山歩
旅風景
おでかけ
戴きもの
贈りもの
メイ
MyHouse
Letters
その他

タグ

(56)
(55)
(28)
(13)
(12)
(10)
(9)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 01月
2014年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧